実は人気が高い寺でのフォトウェディング!よくある疑問を徹底的に解説!

寺院で行うフォトウェディングは人気が集まっているといわれていますが、ここでは寺院で行う場合の疑問についてご紹介しています。
ちなみに、フォトウェディングは結婚式を挙げないカップルが写真だけを残すといった目的で行う写真撮影です。
フォトウェディングは好みのスポットで撮影ができる、その中でもお寺は人気が集まっていて、人気スポットになると同日に他のカップルが撮影で使用することもあるといいます。
そのため、スムーズな段取りをするためにも事前の予約などが大切です。

寺で行うフォトウェディングの流れはどんな感じ?

これから夫婦となるカップルの場合、お子さんが生まれる前に記念になるあるアイテムを手にしようと思われるものです。
それは写真であり、披露宴や挙式に参列をしてくれた方に配るのも一般的となったものです。
ここでは現在話題になっている寺を撮影場所にしたフォトウェディングについて、簡単にレクチャーをしていきましょう。
昔は京都や鎌倉といった人気観光スポットを採用していましたが、現在は近所にある寺を選ぶ傾向です。
流れの大まかなスタイルをいうと、最初にスタッフが寺に関係者に許可を求めるのが基本となります。
どの場所でカメラを設置していいのか、立ち入る場所の指定なども行うわけです。
あとは座敷を借りて、新郎新婦の着付けとメイクをすれば本番となります。
約1時間程度しか貸し切れないので、素早くフォトウェディングを終えないといけません。
あらかじめポーズなどを夫婦で決めておけば、すばやく30カットの写真を撮り終えることも可能です。

寺でのフォトウェディングにかかる費用はどれくらい?

1990年代以降、若い方の間で結婚式と披露宴を実施する前に、フォトウェディングを執り行う方が多くなりました。
まだ挙式をする前に二人だけの思い出となる写真を手にしたいというカップルの意向が強く、現在では各地のフォトスタジオでサービスを用意するまでになったわけです。
いまから寺でフォトウェディングをしたいという方も多いでしょうが、いったいどれぐらいの費用が掛かるのでしょうか。
簡単にのべると、約40万円が相場となりました。
ただし、単に寺院を貸切るだけでなく、新郎新婦の衣装からカメラマンを雇用するコスト・ヘアメイク代もすべて含まれるものです。
寺では随時予約受付を実施しており、トータル面のサポートを実施するのも基本となりました。
費用は現金一括払いだけでなくローンも活用ができるので、大半の方が利用できるサービスです。
寺だと季節ごとの美しい風景も堪能ができるので、多くの人が1年間の期間で準備をされています。

寺で行うフォトウェディングは外国人でも可能?

日本には、世界でも高い評価を得ている独自の文化がたくさんあります。
なかでも冠婚葬祭のジャンルでその傾向が強く、アメリカやイギリスに一般市民も注目をされるようになりました。
ここでは冠婚におけるものを、簡単にご紹介をしましょう。
それはフォトウェディングというもので、1990年代後半に国内で誕生した新しいメモリアル行事です。
いわゆる前撮りと呼ばれる写真を撮影することであり、昨今では寺や神社などをロケ場所に指定をするケースもあるほどとなりました。
寺だとおもに檀家と呼ばれる方だけに限定をしていましたが、フォトスタジオと提携をしてどなたでも利用ができるように気配りを見せる寺も多くなっています。
外国人も来日をしてフォトウェディングをしたいという方も多く、寺も快く快諾をするようになりました。
キリスト教などの宗派の方が多いですが、国内ではさほど宗派に厳しいことはないので、いつでも予約をして挑戦ができるようになります。

寺でのフォトウェディングで守るべきマナーとは?

寺でのフォトウェディングにおいては、神聖な場所であることを尊重し、適切なマナーを守ることが大切です。
まず静かで落ち着いた態度を心がけましょう。
他の参拝者に配慮し、騒がしい行動や会話を避けます。
写真撮影を行う際には、指定された場所やルートに従うことが重要です。
他の訪問者の妨げにならないように注意します。
寺院内では適切な服装を心がけます。
フォーマルで控えめな服装を選び、露出の多い服や派手な衣装は避けます。
特に神聖な場所では肩を覆うショールやジャケットを着用することを検討してください。
写真撮影に際しては、寺院の指示に従い、特定のエリアや建物内への入場制限に気を付けなければなりません。
写真撮影の際も、他の訪問者や参拝者のことを考慮し、迷惑とならないよう注意しましょう。
フラッシュを使用する際は控え、静かに撮影を行います。
結婚式場としての利用であっても、寺院は宗教的な場所であることを忘れず、敬意を持って行動します。

寺で行うフォトウェディングの最大のメリットとは?

お寺でフォトウェディングを行うことには、様々なメリットがあります。まず一点目は、襖を背景にした撮影が可能であるという点です。
お寺の襖には見事な日本画が描かれているケースが多く、高度な芸術性を感じることができます。
そういった絵は見る人々を惹きつける不思議な魅力があるので、撮影時に背景として選ぶことによって他にはない贅沢な一枚を撮影することができるのです。
また、二点目として、美しい日本庭園を背景にしてフォトウェディングを行えるという点も見逃すことはできません。
日本の伝統的な枯山水の庭園で撮影をする機会はそうあるものではないため、人生で一度きりの記念となる撮影をするのには相応しい場であると言えるでしょう。
さらに、季節の趣を感じられる写真を撮影することができるというのが、メリットの三点目です。
春には桜、秋には紅葉といったように、四季折々の自然に彩られた写真を撮りたいという方にはうってつけの場所なのです。

寺でのフォトウェディングの代表的なデメリットって何?

お寺でのフォトウェディングで最も大きなデメリットとして挙げられるのが、宗教的な制約です。
この場所は宗教的な側面が強い場所であるため、人によってはそれが受けられないことも考えられます。
カップルがお互いに納得したから大丈夫と考えていたのに、それぞれの両親が不満を持ったせいでうまくいかなかったなんてことにもなりかねません。自分たちだけでなく参加する人たちのことを考えた上で決めるようにしてください。
スペースが限られがちであるのも、お寺でフォトウェディングをする場合のデメリットと言えます。
もともとこの場所は結婚式をするのに作られたものではないため、十分なスペースを持っていません。
大型の結婚式場のように多数の参列者を収容することができないケースも多く、呼ぶ人も妥協しなければならない可能性もあります。
さらに撮影スポットも限られていますから、結婚式の様子を写真に収めようと考えても、思ったようなベストショットが撮れない恐れもあるので注意が必要です。

寺で行うフォトウェディングで多いトラブルとは?

いま、日本全国で結婚を控えているカップルは約300万人もいることが、総務省の調査で明らかとなりました。
20代前半がとくに多く、いまから各地のブライダルサロンを探し求めて、挙式・披露宴をする手続きをするわけです。
そこでここでは、現代のメモリアルイベントで重要視をされている、ある写真撮影についてご紹介をしましょう。
どなたでも一度は見聞きをしたことがあるはずです。その名もフォトウェディングというもので、寺や神社を舞台にしたアルバム作りを指しています。
簡単に寺を利用した際に起こりうるトラブルを述べてみると、多くの方が立ち入り禁止の本堂に入ったことで問題を生み出していました。
寺はあくまでも神聖な場所であるため、本来は写真撮影は禁止をされている空間でした。
可能なのは境内の周辺のみですが、それを知らない若いカップルとフォトスタジオ関係者が多く、あとでトラブルになって全部のショットを没収されているわけです。

寺でのフォトウェディングはなぜ若者にも人気がある?

挙式スタイルが多様化した今、かつての大勢の列席者を迎えた盛大な結婚式から家族やごく限られた友人だけを呼ぶジミ婚やスマート婚と呼ばれる実用的でシンプルな挙式スタイルが人気を集め、ついには挙式自体を行わないナシ婚とよばれるものまでが登場しました。
挙式にかかる費用や時間を考えるとシンプルさが求められるのは納得の行くところですが、それでも何もないのはやっぱり寂しいから、思い出に残る負担の少ない二人だけのフォトウェディングを行うカップルが増えて来ました。
中でもそれをお寺で行う若者が増え、元々日本古来のものでありながら、今となっては異文化とさえ感じる和の装いと風景に新たな人気が集まっています。
お寺でやるからには衣装は和装のみと思われがちですが、もちろん洋装でも撮れますので、豪華な挙式を行わない分衣装に費用をかけて、お寺の雰囲気に溶け込む和装とそのアンバランスがまた美しい洋装との両方で撮影する方も多くいらっしゃいます。

寺で行うフォトウェディングは天候の影響を受けやすい?

今は教会やチャペルの中で撮影を行うことが一般的になってきていますが、もっと和の雰囲気を楽しみながら素敵なフォトウェディングの撮影を行っていきたいと希望している場合、由緒正しき品のある写真が撮れるお寺をチョイスしてみることをおすすめします。
日本各地に撮影の許可が下りている魅力的なお寺のスポットは多数存在しているので、危険区域以外であればどのようなシチュエーションでもフォトウェディングの撮影を行うことができるでしょう。
ただし、お寺を選択することで生じるでデメリットに関しては、天候に左右されやすくて雨が降っていると折角のロケーションが台無しになってしまうことがある点です。
雨が降ってしまと折角の和装も汚れて台無しになってしまいますし、素敵な景色を写真に納めることができなくなって味気ない写真になってしまうことも十分に考えられるので、お寺で実施したい場合にはできるだけ梅雨の時期は避けるようにし、前もって天候の確認をして良い状態だと確信を持ててから行うことが大切になります。

寺でのフォトウェディングでも衣装のレンタルはできる?

厳かな雰囲気が人気のお寺で、記念のフォトウェディング撮影をしたい場合はお寺に相談するか、もしくはウェディングプランナーなどのカウンターで相談することをお勧めします。
近年のお寺はフォトウェディングを問題なく受け入れてくれることが多く、衣装のレンタルも行われていることがあるのです。
衣装に関しては、和装屋さんからのレンタルという形式になることもありますが、紋付袴や白無垢といった衣装を自由に着用出来ます。
お寺にも年中行事などがあるため、予定を合わせて撮影日を決めることが大切です。
出来るだけ自分たちの希望を伝えた上で、返答を待つことをお勧めします。
直接のやり取りではなくても、ウェディングプランナーさんがいれば、間に入って交渉してくれることが多く安心です。
大安や祝日は混雑することもあるため、早めに計画することが大切となります。
同時に、季節も考えるべきでしょう。
撮影場所が冷暖房が整っていない古い施設の可能性もあります。

寺で行うフォトウェディングの受付はどこですればいい?

最近、若いカップルの間で人気を得ている冠婚葬祭というものがあります。
それはフォトウェディングと呼ばれており、1990年代の後半に日本で誕生をしたイベント行事です。
結婚前におこなうのが基本で、前撮りとも呼ばれるのがポイントとなりました。
挙式や披露宴時に配布をする引き出物用のアルバムで、カップルだけの写真で構成をされています。
今は寺でフォトウェディングを撮影するのが流行っていますが、簡単にその流れをご紹介しましょう。
寺だと基本的には社務所と呼ばれる事務に連絡をしないといけません。
ここであらゆるサービスの受付を兼ねており、とくに経理担当の方としっかりとヒアリングをするのも基本です。
なかにはフォトスタジオが受付を兼ねている施設もあり、その際は直接寺に連絡をする必要性はありません。
コスト面を述べると、1日の貸し切りだったら約30万円となるので、先に見積もりを提示されている方が対応がしやすいのもポイントです。

寺でのフォトウェディングは神社で行うフォトウェディングと何が違う?

フォトウェディングの撮影は、スタジオ以外で行うことも少なくありません。
結婚式の雰囲気を出すならチャペルや神社なども、向いています。
日本風の結婚式というと、神社で挙げる神式が良く知られていますが、仏式を選ぶケースもあります。
仏式はあまりなじみのない挙式ですが、お寺ではもちろん自宅で行うことも可能です。
神式か神式かどちらにするかで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
まず、どちらで撮るのかは新郎新婦それぞれの宗教によっても変わってきます。
どちらも同じ宗教である場合は、問題ありませんが、違う場合はどちらかの宗教と合わせることになります。
神式では神主が儀式を行いますが、仏式では僧侶による読経や念珠の交換などが行われます。
お寺の場合は、より個性的な写真が残せるというメリットもあります。
お寺の場合も、衣装は基本的に和装を選ぶことになります。
とはいえ、特に決まりはないので洋装を選ぶことも可能です。
日本らしい美しく厳かな背景で撮影できるのも、お寺を選ぶメリットです。

寺で行うフォトウェディングは和服のみ?

スタジオによって展開されているサービスにはかなり偏りがあるため、お寺をフォトウェディングの撮影スポットとして選んだとしても、100%和服を着なければいけないといった制約は特に存在していないことが多いです。
しかし、何事も形から入ることが非常に大切になってくるので、折角素敵なお寺で撮影することができるのであれば、その雰囲気に適している美しい和服を選択するのが最も良いことは確実です。
今は豪華な着物を着ること自体少なくなってきているので、フォトウェディングの時だけでも自分が一番輝ける素敵な着物を調達して撮影に臨んでみてください。
また、和装にも実に様々な種類が存在しており、一般的に広く知られているのが白無垢、そして華やかな印象を持たせることができて色や柄を好きに指定できるのが色打掛の良さになります。
その他、女性らしい優美なラインを作り出せる引き振袖も人気となっているので、自分らしい種類を選択して最高の魅力を作り出してみてはいかがでしょうか。

寺で撮るフォトウェディングのベストシーズンはいつ?

寺でのフォトウェディングのベストシーズンは、一般的に春と秋です。
春は新緑が美しく花々が咲き誇り、爽やかな陽気が広がる季節です。
桜やつつじ、梅などの花が寺の境内を彩り、新たな始まりを象徴する雰囲気が漂います。
新郎新婦の衣装も、淡い色合いや清らかなデザインが春の訪れと調和し、神聖な雰囲気を醸し出します。
一方、秋は紅葉が美しい季節であり、寺の庭園や参道が鮮やかな赤や黄色に染まる風景が楽しめます。
穏やかな気候が続き、太陽の光がやわらかな光景を生み出します。
この季節に行うフォトウェディングは、落ち着いた雰囲気と共に、新婚生活の豊かさと成熟を象徴するものとなるでしょう。
秋の自然の美しさと、新郎新婦の幸せな笑顔が調和する姿は、一生の思い出として刻まれることでしょう。
ただし地域によって気候や自然の変化が異なるため、ベストシーズンは若干異なる場合もあります。
季節によって違う魅力があるため、新郎新婦の好みや希望に合わせて最適な時期を選ぶことが大切です。
季節の美しさと共に永遠の愛を誓う瞬間を大切にしましょう。

京都 寺 フォトウェディングに関する情報サイト
フォトウェディングの情報サイト

このサイトでは、結婚式の代わりに行う写真撮影についてよくある疑問を解決に導くコンテンツです。
最近はフォトウェディングに人気が集まっていますが、その中でも寺院で行う写真撮影は人気が高まっており、ここでは人気スポットについても触れています。
結婚式には神式や仏式、キリスト式などいろいろな手法がありますが、仏教徒ではない人でも行っても大丈夫なのだろうか、このような点にも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search